女子力炸裂!暮らしをとことん愉しむためのホームリノベーション講座
by girls-renovation
カテゴリ:ガールズリノベシェアBOOK( 5 )
Vol.5塗装がとっても面白い!

家一軒、塗装が施してある場所は、よく見ると実はあちこちにあります。

建材を守り,強度を与え、雨風、太陽の光から家を保護してくれるもの。
だから経年変化で塗装がはげてきたり、粉を吹いたりしだしたら、再塗装の時期。

大がかりなものは,ちゃんとしたプロの塗装屋さんにお願いするとして、
ガールズリノベ的には愉しいものに是非トライしていただきたいものですね。

家でもオフィスでもあると便利なものはマグネットウォール。
そう,磁石でプリントなどを止めておける場所です。
ピンだったらコルク板などが活躍しますよね。
鉄粉の入ったペンキがあり,それを下地に塗って、
その上に好きな色を塗れば、簡単マグネットウォールの出来上がりです。
簡単でしょ!

鉄粉入りペンキを下地にし,その上に黒板になる塗料を塗れば、
落書きもできる壁が完成〜〜!これ、絶対子供の時欲しかった!

家でもこんな壁があるだけで愉しさ倍増です。
黒板になる塗料もいろんな色があるのがとても嬉しいですね。


最近は微妙な色の塗料が比較的簡単に手に入るようになりました。

アイスブルーやパールピンクなど,
パステル調の淡い色合いだと俄然,
わくわくして くるもの。

古くなってしまったボックスや、いすなど気軽にトライしてみると,
どんどんアイディアがわいてくるものです。

塗料にはいろんな種類がありますが、
水性だと扱いが楽ですのでガールズリノベにはおすすめです。

ポイントは使う分量をだいたい計ってから塗料を購入してください。

余ると,次に使うまでに固まってしまったりするので基本は使い切りで。
筆などもきちんと洗って始末しておくことが重要です。

そして,意外と汚れるので服装や、養生も大切。
建築は準備8割,とよくいいます。

手がける前準備もとても大切です。


[PR]
by girls-renovation | 2014-03-06 20:07 | ガールズリノベシェアBOOK
Vol.4 賃貸でもおしゃれに暮らせる!

私の暮らす愛知県・名古屋は全国でも持ち家志向が高いといわれています。
しかし、価値観が多様化し、働き方も多様化し、家族の在り方も変わってきています。
例えば、名古屋ー東京も今では新幹線で2時間を切ります。
大阪は1時間弱、京都は30分!
完全に通勤圏内でもあります。そしてセントレアも近いので、考えようによっては
九州や韓国、中国の近いところでは日帰りだってできなくはない・・・

となると、広くグローバルな行動をする人にとっては家が一つではなくてもよく、
賃貸をうまく使う、ということもあります。

しかし賃貸物件を大掛かりにリフォームする、リノベーションは難しいもの。
でも自分らしく暮らしたい、という思いはありますよね!

そんな時大活躍してくれるのは,ウォールステッカー。最近大人気!とっても手に入りやすくなりました。

このステッカーのすごいところは,きれいにはがせるところ。だから多少の失敗は恐れずにいろいろとぜひ試してほしいもの。シルエット、微妙な色合い,リアルな蝶や花・・・イメージに合わせて形や色、愉しく遊んではしいものです。

うちは事務所にも,自宅にも使っています。何の変哲もない壁が生き生きと生まれ変わります。

お客様のご要望で,カフェのようにしたい,というのがけっこう多いですが,
カフェでもよく使われていますね!

最初に使ったのは,高校生のお子様がいらっしゃるお宅の壁に
大きくあいてしまった穴を埋めるのにどうしたら良いか,ご相談を受けたときでした。

そのお子様、女の子ですが,むしゃくしゃして壁にパンチ。
げんこつ大の穴があいてしまいました。

ボードを貼り変え,クロスを貼り変えでけっこう修繕にも お金がかかってしまいますが、
ピンク色の花でなんとか上手にカモフラージュでき一件落着。
すっかり華やかになり、もっと貼ってほしいとリクエストがきたほどでした。

最近はパソコンとプリンターがあればオリジナルのシールも簡単に作れます。

ネームプレートや,お部屋の名札など、いろいろと作ってみると面白いですよね。

b0313541_08025516.jpg
もし、壁だけでなく,小物類にも活用する際は
色のトーンをあわせるとコーディネートしやすくなります。
また、文字などでしたらフォントを統一するとか、
全体のイメージを考えてトライしてみてください。

何はともあれ,失敗も学び。センスを磨く道はいろいろトライすることから始まります。


[PR]
by girls-renovation | 2014-02-21 08:03 | ガールズリノベシェアBOOK
Vol.3 ガールズリノベで大切なのは,チャレンジ精神+愉しむ気持ちを持続させること。

ないものはつくっちゃえ!

家の中を見渡してみると、ほとんどが「貼りもの」です。
たとえば、家具。
この表面はメラミンというものであったり、シール状のものが貼られています。
木目だからといってちゃんとした無垢の木材からできている物は、とても少ないはずです。

だから、じゃあ、貼ってしまおう〜という訳で見つけたのがデコパッチ。
フランス製だから発色がきれいだし、柄も斬新!
本場フランスではもうかなり歴史ある物で大きな物にも、チャレンジしインテリアを愉しんでいるものです。
これが秀逸なのは耐水性にもなるのでグラスやキッチン用品にもトライできる点。
びりびり破って貼っていくだけなのでちょっとコツをつかめばアイディアはどんどんわいてきます。

インテリアコーディネートでけっこうこまるのがスイッチなどのプレート類。
最近はアクセントクロスなど、ちょっと濃いめの壁紙で壁にアクセントを付けることが多いですが、
意外と悪目立ちするのがコンセントなどのプレートなのです。

海外だと種類も豊富だけど、日本は少なく、
まして色は全く種類がない部品。
雑貨屋さんに、カントリーっぽいカバーはあるけ ど、
インテリア大好き人間としてはもうちょっとなんとかしたいところです。

そこでデコパッチ。
とにかくお手軽だし、柄が豊富なのでいろいろやってみたくなる。
インテリアの決め手は細かなデティールが重要だから、
ないものはつくっちゃえ!こそガールズリノベの醍醐味なのですね!

ガールズリノベで大切なのは,チャレンジ精神と,愉しむ気持ちを持続させること。

まずは小さな物からトライし、
だんだん大掛かりな物にチャレンジしていくことが長続きの秘訣です。

コンセントプレートは入門編には最適な物。
失敗したらはがしてもう一度チャレンジすればいいので怖がらずにぜひまずはレッツトライ!

b0313541_21240451.jpg


[PR]
by girls-renovation | 2014-02-15 21:24 | ガールズリノベシェアBOOK
Vol.2 コーディネートの醍醐味【フワモコ】

窓周りはけっこう面積があるので,カーテンを変えることはがらりとイメージチェンジに有効です。
またカーテンだけでなく、窓周りを彩るものは様々な形や種類があり,
その組合わせは無限大。

人気は、ロールカーテン,縦型ブラインド、デザイン豊富なシェード類。
組合わせや柄のデザイン,生地の風合いなど種類が多すぎて迷う楽しみもありますね!
コーディネートの醍醐味があり、セレクトは本当に愉しいものですね!
さらに窓の形状やデザインも多様化し、カーテンとの組合わせも多彩です。


まずは,それぞれの利点を把握して使い勝手をよくすることを第一に、
様々な機能もプラスしていきたいもの。

だって,エコ的にもとっても重要な窓。
暑さ寒さも窓から70%も影響を受けるそうです。カーテンの効果を利用しない手はありません。

上下左右どちらに寄せるのが良いかをまず検討しましょう。
目隠しが必要な場合は外から確認しながら検討しましょう。

もちろん一枚だけじゃなく組み合わせることによっていろんなシーンに活用できます。
できれば季節ごとに変えたいのが窓周り。
お洗濯もできたら年2回はやってほしいところ。
そうなると,少しは手軽に外すことができるのも重要ですね。

お手軽度からはクリップランナーをぜひ利用してみてください。

小さな窓や、ちょっと目隠しにも重宝します。
またタペストリーのようなパネルカーテンも面白いです。
布だけじゃなく、和紙などの素材でも趣が・・
まさにアイディアはどんどん湧いてきます。

間仕切りにしたりグラデーションにしたり,アイディア次第でがらりとお部屋が変わります。

またガールズリノベで力を発揮しそうなのは小物類です。
レールやタッセル,部品なども種類が格段に増えていますし、ちょっとしたものなら手作りも簡単。

ちょっとしたところにオリジナリティーがキラリと活きるもの。
窓廻りは住まいをとことん愉しむ入門にはうってつけ。とっても面白くなりそうですね。


[PR]
by girls-renovation | 2014-02-13 20:03 | ガールズリノベシェアBOOK
Vol.1 もののつくりを因数分解。簡単シェードでイメージチェンジ【ピカピカ】

照明の中でも、スタンドやペンダントはガールズリノベにとって最適品。
なぜならちょっとしたアイディアでがらりとイメージが変わるからですし、
パーツが明確に分かれているのと,作りがシンプルなのでイメージがわきやすいと思います。
さらに照明はイマドキ 一室多灯でシーンにあわせるのがコーディネートの基本です。

小さな照明からぜひトライしてみましょう。

そこで、まずシェード。

最近の照明のシェードはアクリルなど形成された物ばかりですが、
布であったり、紙であったりインテリアの雰囲気に合わせることで、
インテリアの素敵さがぐんとアップします。

これは何の変哲もないペンダント用の裸電球。
LEDです。購入したシェードにあきちゃったのと、
他との照明とのバランスからちょっと気分を変えて・・・
クロスの余り物を3枚巻いてみました。(大きさも適当です)

クロスのあまりがなく ても、紙であったり、布だったり。
布は腰がないのでタラリとするのが嫌な場合は、
アイロンで貼れる不織布をあわせてみるとしっかりします。

注意する点は、白熱灯など熱を持つ電球種の場合、
燃えたりしては大変ですので、その辺り、ちょっと工夫が必要です。


ほかにもスタンドやクリップライトなど間接照明として利用すると思いのほかお部屋が素敵になります。

そして,もう一つのポイントが電球の色を統一すること。
お料理も、笑顔も光の色で変わります。

TPOに合わせ、選んでくださいね。
ほのかな灯りは癒しに最適。
素材から漏れる美しい光、ぜひ愉しんでください。

b0313541_19351675.jpg


[PR]
by girls-renovation | 2014-02-13 19:43 | ガールズリノベシェアBOOK